馬鹿が惚れちゃう
アイキャッチ画像
商売だから、というばかりじゃなくて、 旅の中でふと、裸になる時間の物語
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

秋の気配が漂い始めた道を、1台のキャデラックが北上していく。
飛行機を使うことなく、まだ青函連絡船が生きていた時代。室蘭まで。
キャデラックでストリッパーを劇場まで送り届けるという
馬鹿馬鹿しくもゴージャスな、楽しい旅。
派手な芸名、アナウンス、踊りの合い間に
移り変わる天候や北の町、港の風景が、文字通り幕間のように挿入される。
場所も辺境、人も辺境。この先どうなるかわからない
ポンと投げ出された日々を描く心やさしきロードノヴェル。