スローなブギにしてくれ
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
捨てる男あれば拾う男アリ。 走ることばかりでなく、留まることも、この先の2人は。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

オートバイで走ることだけにリアリティを感じている少年と、高2で家出して以来、家に居つかなくなった少女。二人は不意に、夕暮れの第三京浜で出会う。次々に生まれてはもらわれていき、捨てられる猫のようによるべない時間の中を漂い、生活を積み上げることのできない二人。しかし、決裂と思われた瞬間を超えて、彼女は戻ってきた。これから、今までとちがう何かが始まるのだろうか。ゆっくりと、くりかえしながら、歌いながら。スローなブギのように。「野生時代」新人賞受賞作にしてのちに映画化された代表作。