アイキャッチ画像

今日のエッセイ|佐藤秀明の写真を収めた3作品刊行|ハワイみやげの作りかたーその完璧な一例

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

20160916|片岡義男エッセイ365|ハワイみやげの作りかたーその完璧な一例

 昨年10月からはじまった片岡義男全著作電子化計画ですが、今春4月に200作品を刊行後、しばらく制作期間をいただきました。9月16日よりふたたび刊行開始、年内に250作品、来年500作品刊行を目指します。

 9月刊行の29作品のラインナップはこちら。このうち『バラッド30曲で1冊』『タイプライターの追憶』『時差のないふたつの島』は、片岡義男と長年制作を共にしてきた写真家・佐藤秀明の作品を収めました。紙版の写真とは異なる佐藤氏による新たなセレクションです。

kataoka-210-orkataoka-209-or

[画像をクリックすると作品ページにとびます]

 片岡作品には欠かせない写真をぜひ電子版に取り入れてほしいというご要望は、以前からたくさんの方からいただいていました。紙の本では写真作品の再販はどうしても制作コストがネックになることが多いのですが、デジタルならこの点問題ありません。「つくるならぜひ新しいセレクションで」という片岡さんの提案に佐藤さんが応え、この度の3作品が実現しました。

kataoka-208-or

 『バラッド30曲で1冊』は、紙版の収録写真は片岡さんの作品でしたが、電子版では佐藤さんの新しい作品となっています。紙版では、ストーリーの間に見開きで写真が挿入されていましたが、電子版では巻末に写真集として収録しました。

 エッセイでも欠かせない「季節」の描写が、30曲のショート・ストーリーのなかで味わえます。曲目はこちらを。デジタルの光のもとに浮かび上がる波や光の美しさを体験してみてください。

sato_photo_bilud

sato_photo_hune

sato_photo_happa

『バラッド30曲で1冊』より

昨日と今日のエッセイは、佐藤秀明さんにちなんだ二編です。「写真において彼の弟子である僕は、楽しそうな仕事や取材の旅行には、かならず佐藤さんを誘うことになっている」(「雨の京都、主演女優、そして発泡する日本酒」)とあるように、”佐藤さん”は、エッセイにもたびたび登場しています。昨日は京都への取材旅行の一編、今日はハワイ、明日は広島・尾道です。

 

2016年9月16日 05:00