片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

彼女、三十五歳、独身

キャッチボールが力を与えてくれた

インタヴューされるのは舞台女優。するのはライター。二人は共に、35歳の独身の女性だ。二人は、インタヴューの際に初めて会うのではなく、その前に、あるあざやかな偶然のシーンによって会う機会があった。インタヴューの中で、「キャッチ・ボール」が重要な行為であることが明らかになってくる。会話の比喩としての言葉のキャッチ・ボールではなく、文字通り、身体を使ったキャッチ・ボールだ。やがて二人は親密な間柄になり、キャッチ・ボールを実際にしながらそれぞれの過去と未来を確かめることになるだろう。

  • #高速道路
  • #インタヴュー
  • #キャッチ・ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加