VOYAGER

片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

評論・エッセイ

小さく三角形に折りたたんだ星条旗

この作品は、『日本語の外へ』「第1部 アメリカ──遠近法のなかへ」
に収録されたものです。
 ハンティントン・ビーチから海に向けて突き出ている桟橋の途中にある食堂で、僕は彼とふたりで遅い昼食を食べていた。彼は僕より年上の白人の男性で、広い意味でジャーナリストとして活動していた。カウンターの海側の席にいた僕の前にまっすぐに腕をのばした彼は、桟橋の突端の向こうに広がる海を示した。
「僕たちが食べ終わるまでのあいだに、あそこでさらに何人ものアメリカの兵士たちが、虐殺行為の加担者として無意味に死んでい…

底本:『日本語の外へ』角川文庫 2003年
『日本語の外へ』筑摩書房 1997年

このエントリーをはてなブックマークに追加