片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

キヤノンAE-1

 写真家の佐藤秀明さんは、僕にとって直接的なかたちでの、写真に関しての唯一のお師匠さんだ。写真についての間接的な勉強の機会や影響は、これまでの僕の歴史のなかで、列挙することなどとうてい不可能なほどに多くのところから、得ているはずだ。しかし、写真についてさまざまに教えてくれる、現存するひとりの具体的な存在となると、佐藤さんを挙げることが出来る幸福を、僕はいまも持っている。
 プロの写真家として彼がかつてこてんぱんに使った写真機を二台、彼は僕にくれた。キヤノンのF–1と、今回の対象であるAE–1だ。F–1は内蔵露出計の指針の…

底本:『ラピタ』1997年7月号

このエントリーをはてなブックマークに追加