片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

エッセイ

簾と提灯のグラフィックス

 一三四ページ*〔トップ画像〕の写真にある光景は、僕にとってはグラフィックス以外のなにものでもない、という種類の光景の典型だ。自分でこれだけの光景を三次元で作り出すのはたいへんだが、写真に撮るのは難しくもなんともない、発見さえすればそれでいい。吊ってあるふたつの簾のうち、ひとつは二本の紐のうちの一本が切れている。そのことがぜんたいにとって破綻となるどころか、グラフィックな出来ばえを増幅している様子を喜びたい。光の加減がちょうどいい。ぜんたいをまとめ上げているのは、なんと言っても配管だ。
 一三五ページ〔下〕の光景も、僕に…

このエントリーをはてなブックマークに追加