片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

スポーツとほんの気晴らし

スポーツと気晴らしのほかに、何も必要ではない

君を喩えるならスポーツだ。君はほんの気晴らしだ。
もしそんなふうに男から面と向かって言われたら
実際にはほとんどの女性は腹を立てるかもしれない。
しかしそのスポーツも気晴らしも
人生においてそれ以上価値のあるものがない至高の存在だとしたら?
いや、スポーツにも気晴らしにも「至高」は似合わない。
聡明な2人の女性と、たぶん女性たちほど聡明ではないが
その女性たちから愛されている2人の男たち、その4人の物語。
歳月はあっという間に10年経過し、…

このエントリーをはてなブックマークに追加