片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

フォカッチャは夕暮れに焼ける

とても短い物語の中に、入れ子状態でいくつもの想像力が重なり合う物語。

春の朝、朝食を終えた作家は、その日に書かねばならない短い小説について考えています。熱いコーヒーを飲み、窓の外に広がる空を見て、彼は他者と自分との対照の物語を思いつきます。そうして、彼が書いた「小品 1」は、想像上の女性との朝食の風景。しかも、その女性は小説の中でも想像上の人物なのです。さらに、コーヒーカップを手にした彼は、「小品 2」の着想を得ます。喫茶店に向かう彼女を、喫茶店のテーブルの向うに座る彼女を想像し、その彼女が消える物語。果たして、「小品 3」は必要なのか分からないまま、作家は更に想像するのです。

底本:『この冬の私はあの蜜柑だ』講談社 2015年11月
初出:「IN THE CiTY」2014 Spring issue Vol.10 Sneaker Blues

  • #女性
  • #彼女
  • #夏
  • #男性
  • #フランス
  • #コーヒー
  • #喫茶店
  • #女
  • #作家
  • #小説
  • #男
  • #パン
  • #窓
  • #雨
  • #各駅停車
  • #イタリー料理
  • #商店街
  • #線路
  • #朝食
  • #彼
  • #ジャム
  • #林檎
  • #エチオピア
  • #集合住宅
  • #レイン・コート
  • #フランネル
  • #ガラス瓶
  • #私鉄
  • #イタリア料理
  • #講談社
  • #2015年
  • #バター・ナイフ
  • #バン
  • #前菜
  • #富有柿
  • #この冬の私はあの蜜柑だ
  • #美容師
  • #生ハム
  • #ポルトガル
  • #小品を二篇
  • #他者性
  • #エイプリコット
  • #ウェスコ
  • #ウエスコ
  • #傘立て
  • #小品
  • #フォカッチャ
  • #ゴルゴンゾーラ
  • #ドルチェ
  • #生クリーム
このエントリーをはてなブックマークに追加