片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

小説

白い波の荒野へ

やがて無言になり、かろうじて一言つぶやく。「波が来る」

オアフ島の北海岸にある小屋で
4人の若いサーファーが共同生活をしている。
50フィートという途方もない高さを持つ波を経験し、
それを16ミリ・フィルムで撮影することにも彼らは成功した。
スクリーンに映し出された波を追体験する時間と
一瞬に通り過ぎた現実の波の時間、待機の時間。
3種類の時間はしかし、すべてが1つになって彼らの人生の時間になる。
目の前にある圧倒的な無限を知ってしまった人間の
充実した空虚がここにある。

このエントリーをはてなブックマークに追加