アイキャッチ画像

既刊エッセイ『白いプラスティックのフォーク』収録作品を全て公開!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

5月6日より、片岡義男.comでは未公開だった、既刊エッセイ『白いプラスティックのフォーク』(NHK出版/2005年)に収録された作品を順次公開いたします!
公開された作品はタグ『白いプラスティックのフォーク』で検索できますので、こちらもぜひご覧ください。

*公開予定作品
5月6日~8日
『豆腐屋はいまもまだある』
『東京のハードな日々』
『東京オムライスめぐり』

5月11日~17日
『それはいまもこの黄色なのか』
『「四角い食事」とは、なにか』
『砂糖は悲しいものだった』
『トリス・バー。バヤリース・オレンジ。バッテンボー』
『玩具として買うには面白い』
『スープはどうなさいますか』 ※「縦書き」版はすでに公開済み
『トンカツと生卵の小説』 ※「縦書き」版はすでに公開済み

5月18日~22日
『父親に間違えられた僕』
『ナポリへの旅』
『サンドイッチとアメリカの理念』
『まっ赤なトマトの陽焼けした肩』
『祟りとハンカチとマスタード』

5月25日~29日
『白い皿の朝食』
『焼き餃子とタンメンの発見』
『リアル・マヨネーズの473ミリ・リットル』
『日本におけるマヨネーズ階層』
『マヨネーズ、という一語で終わる本』

6月1日~5日
『自殺するマヨネーズ』
『ジェリー・ビーンズに紫色がない!』
『ジェロについて書くとは思わなかった』
『マンゴの似合う手』
『残りご飯のバター炒めと海苔の佃煮』

6月8日~10日
『小説のなかの食事』
『昼寝のあとのポッキー』
『白いプラスティックのフォーク』


*公開中作品
『チャーリーが作ってルーシーが食べる』
『銀の鱗に陽ざしを受けて』 
『あのトースターの謎を解く』 
『友だちの家で食べた』 
『昔から知っているこの三人』
『酸っぱい酸っぱい黄色い水』
『大変なときに生まれたね』
『オカズヤのオイナリサン』
『占領とヌードル・スープ』
『ご飯のおかずが、ご飯』
『水になった氷の悲しみ』
『川があり、橋があり、ホテルもあった』
『海から見る自分の居場所』
『渡り鳥と寿司について』
『カルピスについて思う』
『思い出のバブル・ガム』
『森永ミルク・キャラメルの箱』
『アイスキャンディ』
『マヨネーズが変わった日』

◾️関連作品
わたしの片岡義男 No.11|堀部篤史「切るとせっかくのフレイヴァーが台無しになる」

2020年5月6日 00:00