片岡義男.com 全著作電子化計画

MENU

写真

kataokaフォト

どの写真も撮ったのは僕だ。
ファインダーをのぞきながらシャッター・ボタンを押し下げている僕が、どの写真のこちら側にもいる。
このような写真とカタオカさんの小説とが、いったいどのように結びつくのですか、という質問をいまでも受ける。
撮った人は小説を書く人と同一人だ。
そのかぎりにおいて、どこかでつながっている、と答えるだけで充分だったのだが、そうもいかなくなって来た。
こういう写真を小説にしたい、とかなり熱心に思うようになってきた。
かならずや小説になる、と僕は確信している。なんらかのかたちで。
どういうかたちになるのか。本気で考えよう。考えればかならず道は開ける、という先人の教えを信じて。

kataokaフォト