アイキャッチ画像
いま高校生なら僕は中退する(2)
前回(1)  僕は高校を卒業した。成績は本当にビリだったと思う。あまりにも桁はずれのビリは、職員会議としても問題にせざるを得ない。特例中の特例としてその問題は解決された、という話を僕は信頼すべき筋から聞いた。卒業したので…
[エッセイ]  2017年3月7日 05:30
アイキャッチ画像
いま高校生なら僕は中退する(1)
 一九九七年の日本で、全国の公私立高校から中退した少年少女の数は、十一万一千四百九十一人だったという。生徒数ぜんたいに対して、この数は二・六パーセントの中退率だそうだ。統計をとり始めた一九八二年以来、最高の数字に達したと…
[エッセイ]  2017年3月6日 05:30
アイキャッチ画像
忘れがたき故郷(2)
前回|1|  出身地はまだ誰にでもある。生まれただけの場所は、出身地とは言わないようだ。生まれたのち、少なくとも子供の日々は、そこで過ごした場所だ。出身地があるなら、実家もまだある。老いた両親がいまも住んでいる家、そして…
[エッセイ]  2017年3月2日 05:30
アイキャッチ画像
忘れがたき故郷(1)
 こきょうと平仮名で入力し、変換する。故郷、という漢字が画面に出る。ふるさと、と入力して変換すると、この場合も、故郷という言葉が、画面に浮かび出る。こきょうは、やや硬い言いかただろうか。ふるさとは、明らかに柔らかい言いか…
[エッセイ]  2017年3月1日 05:30
アイキャッチ画像
六〇年代
 バード。ブーガルー。ブリストル・ストンプ。フレディ。フラッグ。ファンキー・チキン。ヒッチハイク。ハックルバック。ハリー・ガリー。ジャーク。リンボ。ロコモーション。マッシュド・ポテト。モンキー。ポニー。シンガリン。スロッ…
[エッセイ]  2017年2月26日 05:30
アイキャッチ画像
日常的な時間の停止した時空間。そのなかで自分を切り開き、なかにあるものを正直に直視する
 バーバラ・ラスキンの『ホット・フラッシェズ』という長編小説は、『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リストに、四か月連続して登場していたという。熱いフラッシュとは、閉経期の中年女性の多くが体験するという、耐えがたく…
[エッセイ]  2017年2月20日 05:30
アイキャッチ画像
「国際社会の平和と繁栄」とは
ー2004年1月26日*ー 「まえがき」参照  フセイン大統領は拘束された。フセイン政権は倒れた、と言っていい。この政権が復活することは、もはや二度とない。しかしおなじような性質の政権が、やがてイラクに生まれる可能性は、…
[エッセイ]  2017年2月13日 05:30
アイキャッチ画像
禁止することの快感
ー2004年4月5日*ー 「まえがき」参照  ヴィザなしでアメリカに入国し、九十日までは滞在することの出来る短期の旅行者に対しても、指紋の押捺と顔写真の撮影が強制されることになった。入国管理のゲートで両手の人さし指を左手…
[エッセイ]  2017年2月12日 05:30
アイキャッチ画像
「日本はアメリカとともにあります」と首相は言った
 八月三十一日の夜、国連事務総長デクエヤルと、イラクの外相テリーク・アジズとのあいだに、二回めの会談が二時間にわたっておこなわれた。国連安全保障理事会の決議にもとづいた、イラク軍のクエートからの即時撤退と人質の解放とを、…
[エッセイ]  2017年2月11日 05:30
アイキャッチ画像
日本の主権のなかにあるアメリカ
ー2003年10月31日*ー 「まえがき」参照  イラクの復興を支援するための資金の一部として、日本がアメリカから拠出を求められる金額が、一兆円はいくだろう、いやもっとだ、などと話題になったのは、二〇〇三年の九月から十月…
[エッセイ]  2017年2月10日 05:30
アイキャッチ画像
「真珠湾」よりも大切なこと
いま必要なのは“言葉の関係”に入ること  ハワイのオアフ島、真珠湾のアメリカ軍基地を、日本軍が奇襲攻撃して太平洋戦争がはじまった日から、五十年が経過しようとしている。真珠湾攻撃の五十周年記念だ。これを機会に、アメリカでは…
[エッセイ]  2016年12月31日 05:30