アイキャッチ画像
ワシントン・ハイツの追憶
 一九五〇年代なかばから持っているジャズのLPを必要があって見直していたら、ラルフ・フラナガンのLPジャケットのなかに、一枚の写真が入っているのを見つけた。週刊誌ほどの大きさの白黒のプリントで、ワシントン・ハイツのおよそ…
[エッセイ]  2017年8月18日 00:00
アイキャッチ画像
日本語の発想による英語
 日本語から英語へ単純に置き換えることの出来ないものの極小例は、「の」は「オヴ」、「から」は「フラム」、というような単語、そして「一杯やりましょうよ」は「レッツ・ドゥ・ワン・カップ」といった片言だろう。日本語世界から英語…
[エッセイ]  2017年8月17日 00:00
アイキャッチ画像
『日米会話手帳』という英語
『日米会話手帳』という出版物について僕が初めて知ったのは、いつのことだっただろう。二十代の前半ではないか、という推測はもっとも妥当だ。それ以前にすでにこの本について知っていた記憶はない。戦後世相史のような記述のなかで、瓦…
[エッセイ]  2017年8月16日 00:00
アイキャッチ画像
拡大にまきこまれた
 水田稲作の村落から始まった、あくまでも個々の現実に則してものごとを考え解決していくという方針は、外から入ってくるもののうち、都合のいいところだけ採り入れてつなぎ合わせていくという、おなじく現実的な方針と合体した。たとえ…
[エッセイ]  2017年8月15日 00:00
アイキャッチ画像
『東京五人男』一九四五年(昭和二十年)
 一九四五年の七月、日本に対して連合国側から、降伏してはどうかという勧告があった。ポツダム宣言だ。日本の海軍は戦争の終結を望んでいた。陸軍は本土決戦を唱え、首相はポツダム宣言に対して、ただ黙殺するだけだ、という態度を取っ…
[エッセイ]  2017年8月14日 00:00
アイキャッチ画像
『ハナ子さん』一九四三年(昭和十八年)(2)
前回(1)はこちら  隣組とは、昭和十五年に日本国家が制定した、最末端の一般市民組織だ。政府からの伝達を伝え合ったり、生活物資を配給したりするときに機能したそうだ。国民をひとからげに管理しようとした国家の試みのひとつだ。…
[エッセイ]  2017年8月9日 00:00
アイキャッチ画像
『ハナ子さん』一九四三年(昭和十八年)(1)
 映画の冒頭、タイトルよりも先に、「撃ちてし止まむ」という言葉が画面に出る。この言葉を僕は知っている、しかし、どのような経過をへて世のなかに出た言葉なのか、背景はまったく知らない。しかし調べればすぐにわかる。一九四三年の…
[エッセイ]  2017年8月8日 00:00
アイキャッチ画像
袋小路の居心地
 十一月二十七日、陸自の調査団の一部がイラクでの調査を終えて、日本へ帰って来た。残りの人たちは引き続きクエートにとどまり、イラクの情勢を観察するという。自衛隊の派遣予定地とされているイラク南部のサマワは、治安が比較的良好…
[エッセイ]  2017年8月6日 00:00
アイキャッチ画像
自分探しと日本の不況
 いまの日本は消費不況のなかにあるという。物が売れないのだ。なにがどのくらい売れれば気がすむのか、という問題はいまはかたわらに置いておくとして、売れないのは人々が買わないからだ、これは誰にでもわかる。なぜ買わないのか。買…
[エッセイ]  2017年8月5日 00:00
アイキャッチ画像
会社員が老いていく国
 僕に思い出すことの出来る範囲で、キー・ワードをひとつだけつまみ出すなら、それはロマンス・グレーという言葉だ。この言葉は確かに兆候だった。日本は老人の国になる、という認識が確定されていく兆候だ。ロマンス・グレーという言葉…
[エッセイ]  2017年8月4日 00:00
アイキャッチ画像
競争の時代とはなにか
 ある日いきなり、日本は競争の時代に入った。この数年という、ごく最近の出来事だ。厳しい競争そのものである市場原理のなかで鍛えられ、そこで常に競争にさらされ、生き残る人が残っていく、勝つ人が勝つ。競争は国内だけではない。国…
[エッセイ]  2017年8月3日 00:00
アイキャッチ画像
団塊の世代という戦後日本
「あと数年で団塊の世代が日本の会社世界の現場を去っていく。いまも企業に根強く残る男社会と、それにつきもののセクハラとが、団塊の世代とともに消えていく」という趣旨の文章を、二〇〇二年の確か後半、新聞の短い記事のなかで僕は読…
[エッセイ]  2017年8月2日 00:00