柚子味噌を買います
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
個人的な非常時と作家としての日常、男女の関係性の境界、作家と言葉の関係についての物語。
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

46歳の作家、池田新平の元に叔父から、名古屋で一人暮らしの母親が入院したという電話を受けることから物語は始まります。仕事のスケジュールを考えながら病院へ急ぐ新平は、途中で付き合っている3歳年下の女性作家、北沢美也子に連絡します。物語は、二人の作家の作家としての思考と、母の病気という現実を二重写しのように描いていきます。新平は、冬をテーマにした短編を構想し、美也子はエッセイ集のテーマとタイトルを考えます。作家という職業の特殊性と、誰にも降りかかる可能性のある緊急事態が不思議な緊張と緩和をもって語られます。

価格:275円(税込)