エスプレッソ
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
様々な人と出会うライターの行動を通し、場所と人との繋がりだけで物語を生む
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

先ごろ短編集を出したばかりの作家、柊甲介氏にインタビューしているライターの吉澤輝久は、70歳を越えてなお旺盛に執筆活動を続ける柊に、短編小説がどのように出来上がるのか話を聞きます。作中に登場する海老フライが食べたくなった話などをしつつ、吉澤は最寄り駅に真っ直ぐ行かず。タクシーで下北沢へ。そこで、かつて聞いたエスプレッソの店を訪ね、ふと、この店の常連になりたいと考えます。あちこちへ移動し、様々な人と出会うライターの行動を通して、場所と人との繋がりが、それだけで物語を生むという、その過程が短編小説なのでしょう。

価格:275円(税込)