愛は真夏の砂浜
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
高校時代の思い出がうっかり顔を出す。彼女はそれを覚えていないのか?彼は白状するのか?
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

高校の同級生だった西条美樹子に、作家になった倉田明彦が仕事を頼みます。美樹子は絵描きであり、かつて倉田は美樹子の絵の才能を目の当たりにして、絵の道を諦めたという過去があります。それ以上に、美樹子や同級生たちと過ごした、博多の海の思い出が倉田にはクッキリと残っています。もう30も半ばの年齢になって、しかし、まだ残る博多の海の思い出は、美樹子と話している最中にも、うっかり顔を出し、当然のように、彼女に何かあると気がつかれます。彼女はそれを覚えていないのか、彼は白状するのか、片岡流リドルストーリーの趣の物語です。
底本:『この冬の私はあの蜜柑だ』講談社 2015年11月

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。