教えてあげましょうか
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
「教えてあげましょうか」と言ったあの時から、四半世紀後の言葉を読む
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

女と男の再会があります。25年ぶりだといいます。しかしそこにあるのは二人だけのストーリーではないのです。二人を仲介した共通の友人がいて、そして過去の二人の仲にかかわる、姿は見えないがもう一人の女性の存在があります。25年分の過去の蓄積はそのままその人自身だから、25年と25年がコツン、とぶつかります。カウンターで。コーヒーを飲みながら。この短編の中で大きな割合を占める二人の会話は、復讐と和解とがまだら模様になったような、サスペンスとリラックスのストライプのような、それはやはり25年の歳月を経た大人たちの言葉なのです。そしてピタリとキマるラストの1行に唸ります。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。