海をもらった人
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
海をめぐる二つの小説
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は、その悲劇の小説を編集者として受け取った男のものとなる。その男は海辺で偶然、かつての知り合いと会い、その知り合いが小説を書こうとしていることを知る。知り合いの書いたものを読んでみると……そこに悲劇は無いが、編集者には不徹底な失敗した小説としか思えない。最初も最後も小説に係わる、あくまでビターな作品である。

価格:275円(税込)