エスプレッソを二杯に固ゆで卵をいくつ?
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
この怒涛の電話の中に真実はあるか?
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

14歳。自分で自分をもてあまし、世間からは「多感な時期」などと言われたりもする年齢だ。そんな年齢で、両親が離婚した。友人に向かって彼女は、そのことについて好きになれない父親について、めんどくさい新しい母について、そして誰よりも「かっこいい」と思っている離婚した母について電話口で怒涛のようにしゃべりまくる。対面ではなく、すべて電話でのおしゃべり、しかも相手の友人の応答は一切書かれずひたすらこちらがしゃべるだけ、という構えがこの短篇のキモで、そこにはうっすらと孤独が見えるようだ。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。