雨の柴又慕情
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
寅さんを導入として日本を語る
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

小説による日本論と言っていいかもしれない。片岡義男の小説で「日本」が問題になる時、そこには必ず「日本語」の問題がある。今回はなんと、素材は「寅さん」、つまり、映画『男はつらいよ』だ。寅さんの映画を、金髪の外国人女性、今は女性だが大工として男でもある人、その人の連れ合いの女性、そしてその連れ合いの兄である小説家の4人で見て、その感想を延々と楽しく語らいながらいつしかそれが前後の日本批判になっている、という構えの作品だ。自由な「寅さん」のように、ここでは「性」もまた自由になる。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。