自分のことが気になって
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
私ともう一人の私とは、けっして会うことがない
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

少女小説にして哲学小説。それも高純度の。
少女が「死」に魅入られる物語は世の中にいくつかあるだろう。
しかしここまで理論的に、少女同士の会話を通して「私」とは何か、「私」が「私」であるとはどういう事態か、そしてそのことと「死」の関係を考察した小説はそうはないだろう。
大人になり、次第に曇ってゆく眼では見えないものを彼女たちは見ている。
怖ろしい小説である。

少女時代

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。