三日月と会話する
アイキャッチ画像
短篇小説のタイトルは、未来の短篇小説からもたらされる
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

『甘く優しい短篇小説』と題された短篇集に収録された作品たちは
それぞれ「短篇小説を書く」ということがどのようなことかが描かれ、
作家・野村五郎を共通の登場人物にしている。
この短篇もそれらの中の一つだ。
別の短篇「甘く優しい短篇小説」では2人の女性が登場したが
ここでは3人。いや、その3人もやがて女性3人ではなく、
それぞれのジェンダーが割り振られ、バランスを変えていく。
そしてこのタイトルは、野村五郎が女性からヒントをもらい、
未来に向けて構想する短篇のタイトルがそのまま定着したものだ。