泣くには明るすぎる
アイキャッチ画像
かつて優しかった女性と、今、目の前で優しい女性のあいだで、彼は泣く
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

もう4年前に終了したラジオ番組を、一晩だけ復活させる。
それも、たった一人の女性を喜ばせるために。
そんな荒唐無稽なことが起こりうるだろうか? と思うが、小説であればそれはもちろん起こるし、テレビではなくラジオという小さな親密なメディアであれば、可能性は高くなる。
チームはかつてと同じようにすばらしく機能し、無事に番組の収録は終わる。だが・・・
この試みの陰には、一つの悲しみが、悲しみのための涙があったのだ。