時差のないふたつの島
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
ストーリーを書き始めるまでのストーリー
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

片岡義男の小説にはストーリーを書くという行為そのものを考察し、主人公が登場人物たちと会話し、その成り行きが小説として提示されている作品がいくつもある。この小説もまさにその1つであり、本格的な長篇だ。2つの島というヴィジョン、双子というヴィジョンはストーリーと、ストーリーを書くという2つのレベルに呼応し、やがてそれらは溶け合って1つの小説になる。この小説で重要なのは、プラス島の歴史=人々の時間、という大切な要素がそこに呼び出されていることである。
※作家の敬愛する写真家・佐藤秀明氏撮影の写真を収録

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。