私は彼の私
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
日々は過ぎ去り、しかし10月は何度でも回帰する。
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

夏が去れば、次には秋がやってくる。しかし、
季節のうつろいはゆるやかで、いたるところに夏の名残があるだろう。
そのいっぽうで、そんな自然な推移など一切認めない、とばかり
一切の痕跡を残さない、強い意志の下にあらわれる別れがある。
彼女はもういない。彼女の香りは、手がかりはもうどこにもない。
彼女が「私は彼の私」と他人に言うことはもうないだろう。
残されたのは、共に暮した家だけだ。
ただその家の前を、通り過ぎることなら今でも可能だ。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。