鏡が必要です
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
私は鏡、鏡は彼女、彼女は私
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

不可思議な短編小説である。
登場人物は3人。女が2人で男が1人。
しかし女のうちの1人は、確かにそういう女性が存在すると会話の中で示されるだけで実物はシーンの中に現れない。
そしてその現れない彼女と今ここにいるもう1人はとてもよく似ていて、服も共有、部屋も共有、そしてどちらがどちらなのかわからなくなる瞬間がある、というその生活が、女と男の食事中の軽い会話の中で明らかになる。
鏡の中のエロス、としてのポルトレ。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。