シャツのボタンが段ちがい
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
偶然は偶然であり、サインではない
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

27歳の男性。たっぷりの未来があるようでもあるしそれなりの過去の堆積もある年齢だ。
いくらでも眠ることのできる体力もある。
結婚は、してもいいし、しなくてもいい。
女性もいる。1人ではない。とっかえひっかえ、というのでもない。
ある時、連続してある現象に目を止めた。
シャツのボタンが段違い。それが連続して起きたことに意味を見出すことは可能だろうか?
それは必要なことだろうか?
目の前に現れた、連続した、シャツのボタンの段違い。
ただ彼はぶっきらぼうにそれを指摘するだけだ。
 

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。