駐車場での失神
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
突然のシンクロニシティ
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

なんとも不思議な短篇である。
そして、小説としての不可思議な、割り切れない、ニュアンスに富んだ魅力が充満している作品。
片岡義男は、なぜ? ではなく どのようにして? を書く作家である。
とても起こり得ないようなことがなぜ起こったか、ではなく、
それが確かに起こった、ということが重要だし、
突発的だろうがアクシデントだろうが、それがどのようにして起きたのかが問題だ。
そして交錯する生と死の傍らに、まるで中間地点のように失神がある。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。