ワン・キッス
アイキャッチ画像
ワン・キッスは、最後のキス。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

片岡義男の小説において「彼女」と「彼」は偶然に出会う。昨日までは互いの存在をまるで知らなかった同士だ。
夜のスナック。同じ曲をジュークボックスでかける、という偶然。帰る家がない、という出来過ぎの状況。
夜の東京の、遊歩道。世田谷、環七、環八あたり。二人が歩く、昼とは違う表情の東京が美しい。
やがて偶然(またしても偶然だ)に自転車を手に入れる。自転車によって、二人の移動エリアは一気に拡大する。
そしてワン・キッス。それがまさかの、最後のキス。