まっ赤に燃えるゴリラ
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
シリアスさを欠いた三角関係から、まっ赤に燃えるゴリラはやがて故郷に帰る。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

多くの片岡作品がそうであったように、出会いは路上。そこにはオートバイがあり、19歳の少年がいる。年上の女がリードする。女はその筋の男の「イロ」でもある。初夏から秋にかけての時間の流れの中で社会から、学校からはみ出し、嫉妬を土台とした堅固な三角関係にならない三人は、やがて二手に別れることになる。三人のあいだには、不思議な好意と信頼がある。さあ、ここからはそれぞれの時間だ。ゴリラはカタギになる。まっかに燃えている。