パステル・ホワイト
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
雪から雪へ、時は移り 始まったものは、終わる。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

空から舞い落ちる、白い雪。夏の青い空と陽射しが主流の片岡作品にあって雪は貴重な例外だ。しかしながら、同時にこの作家特有の「型」もここに見ることができる。走っている男が、約束もなしに、路上で女を拾う、というパターンだ。現実にそんなことはまずおこらない、という感想は無意味だ。ここには出会いがあり、自然な流れがあり、喜びがあり、時が経過して、やがて悲しみが来る。それだけだ。そして最初と最後に、雪があった。