心をこめてカボチャ畑にすわる
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
思い出してみてほしい。 どこかの上に、心をこめてすわったことなんてあっただろうか?
               
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

サンダンス。アメリカ西部開拓時代に生き、伝説的な強盗、アウトローとして知られるその男と同じ名前を付けられてしまった少年はなんとインディアンだ。彼はガス・ステーションと簡易食堂を兼ねたような店をほぼ1人で切り盛りしている。囚人。囚人を護送する刑事。病気の少女。ヒッチハイカー。てんでばらばらの女たち男たちが店に立ち寄りテキパキとサンダンスは仕事をこなしていく。ここには、声高なインディアン擁護も社会批判もない。ただ「心をこめて」カボチャ畑にすわることを白人たちがしないだけである。

※価格記載のない作品は275円(税込)となります。