スイート・バイ・アンド・バイ
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
消えようとする土地に向かって、1人の青年、という未来がやってくる。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

アメリカ合衆国は若い国だ。世代交代や文明の爪あとによって土地や生活の知恵が消滅の危機に瀕してもまだまだ伝統は生々しさを失ってはいない。土地を、知恵を、自給自足の生活を学びにやってくるのはいわば「体制側」=国立公園管理局の若者1人。これからは国家と村人とが対立するのではなく立場の違う人間と人間が手を携えて、かけがえのないものを守っていく。作者不詳のゴスペルのタイトル「In the sweet by and by」(やがて良くなるだろう)のように。青年の若さは、そのように希望を託された未来の象徴としてある。