探偵アムステルダム、最後の事件
アイキャッチ画像
立ち読みする 購入 サポータになる
Amazon Kindleで
購入する
「エゴの殻は、銃弾でないと、破れない」。 善悪の彼岸へ向かって、最後の仕事が唐突に終わる。
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

21歳の私立探偵アーロン・マッケルウェイ・シリーズの一篇。この短編での主人公は、マッケルウェイよりむしろ彼の上司であるジョニー・アムルステルダムだ。2つ重なった三角関係をめぐり、メッセージを届ける依頼を受けたアムステルダムとマッケルウェイはさっそく仕事に取り掛かる。しかし、マッケルウェイは常に出来事に遅れ、アムステルダムはどんどん先に進み、ついに決定的な途方もない「ケリ」をつける。私立探偵の権利をはるかに逸脱したその行為の、突発性にただ途方に暮れる。