ボビーに首ったけ
アイキャッチ画像
18歳の夏。まだ触れていないものはすぐそこにあり、 それはいつまでもまぶしく、ただそのまま残される。
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

この小説は、「ボビーに首ったけ」と「ボビーが首ったけ」でできている。
前者は、なぜかボビーと呼ばれている高校3年の男子に
会ったこともないのに手紙をよこし、数回のやりとりのあと
喜びを膨らませている同い年の少女。
後者は、ボビーがストレートな情熱を傾けているもの、つまりサーフィンだ。
18歳の夏、手紙から一歩、踏み出す計画を立てる2人。
そしてボビーは、そろそろ自分のサーフボードを手に入れる頃合いだ。
邪なところは少しもない青春の欲求を
さて運命は、どのように取り扱うのか――。