アイキャッチ画像

1月3日|謹賀新年『全著作電子化計画』プロデューサーからご挨拶

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

今年もどうぞよろしくお願いいたします。編集部ブログから新年のメッセージをお送りします。『片岡義男 全著作電子化計画』プロデューサーから、みなさまへひとことご挨拶!


わかっていろいろなことをやっているわけではないのです。どういうわけか、やっている。正直な言い方をすれば……。

いろんな批判があるだろう。でも、ここまでやってきた。一人の作家に寄り添うことができるなら、そうしてみたいと必死に思った。そのために自分がするべきことはなんだろうか。とにかくジカに作家に近づくことだと私は思ったのです。

初めて作家・片岡義男に会った時、すごく緊張しました。何を話したのかも忘れてしまった。けれど、とにかく作家に会ったのです、お話をしたのです。まず一歩を踏み出すこと、それが何よりも大切なことでしょう。『片岡義男 全著作電子化計画』はこうして始まったのです。

私たちは前に行く元気をもたなければなりません。前に行けば、その先に谷があり、山がありすることは必至です。怖いです。でも、ひるんじゃダメなんですよ。行くからあなたなのです。行かなければ、それはあなたでも誰でもないのです。

その小さな勇気が必要です。お互いがお互いを励ましあいましょう。そういう大切さを学ぶのも、あなたが前へ行くからです。

"何処へでもお前は行けと母は言い" 何処へでも行っていいよ、ここに居ることなんかない、きっとお前を必要とする世界がこの世の中のどこかにある。さあ、旅立ちなさい。

新年にこのことを思い出します。
もっとも勇気のある言葉がここにあるでしょう。今年も宜しくお願いします。

萩野正昭@「片岡義男 全著作電子化計画」プロデューサー

今日のリンク

『片岡義男 全著作電子化計画』スタート記念イベント|2015年7月4日

 

2017年1月3日 05:30|編集部ブログ