愛媛新聞朝刊「地軸」に片岡義男『彼女が演じた役』が登場

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

9月5日付の愛媛新聞朝刊1面「地軸」欄で、女優の故・原節子さんが出演した映画「紀子三部作」(『晩春』(1945)『麦秋』(1951)『東京物語』(1953)、三作とも小津安二郎監督)が取り上げられています。
本文中で片岡義男著『彼女が演じた役』(中公文庫)が紹介され、「原節子という女優にとって、最初にして最大の、そして最後でもある、映画的な幸福だった」といった文章などが引用されています。ちなみに9月5日は原節子さんの命日です(1920年6月17日生まれ、2015年9月5日没)。

愛媛新聞ONLINE「地軸」詳細はこちら≫

■関連リンク
愛媛新聞ONLINE
■関連エッセイ
紀子が住んでいた家
僕の肩書は「お利口」
身を守ってくれる日本語
■関連小説
紀子が三人いた夏

2020年9月14日 11:41|片岡ニュース