「東京を撮る」新作を公開!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

東京を撮る47『八巻美恵さんと篠原恒木さん』を公開しました。片岡義男.comだけで読めるサポータ限定公開の作品ですので、サポータ本棚よりご覧ください。

東京を撮る47『八巻美恵さんと篠原恒木さん』
東京を撮る47『八巻美恵さんと篠原恒木さん』

かつて私は、プロのカメラマンさんにお願いして、同じ場所、同じカメラ、同じ設定で私とカメラマンさんがそれぞれ写真を撮ってみるという実験をしたことがあります。結果は、どう見てもプロが撮った写真の方が良いのでした。海外のカメラマンが日本の風景を撮ると、まるで外国の景色のように見えることがあります。色からして違うのです。写真には、そういう面白さがあって、撮影者の意思やモノの見方によって、とても個性が出る表現なのだと思うのです。今回の「東京を撮る」は、その事を、二人の編集者の写真を並べることで、とても分かりやすく示していると思いました。しかし、この違いというのは、実際のところ、何故こんなにハッキリと出てしまうのでしょうね。

サポータの方は今すぐ読めますサポータとは? ≫

2020年9月8日 07:00|電子化計画