『キネマ旬報』(2020年8月上旬号)に『彼らを書く』の書評が掲載

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

7月20日(月)発売の『キネマ旬報』(2020年8月上旬号)「映画・書評」コーナーで、片岡義男『彼らを書く』の書評が掲載されています。評者は編集者で映画批評家の高崎俊夫さん。
ザ・ビートルズが1963年に出演したエド・サリバン・ショーのCMの分析などを取り上げながら、「こんなユニークで贅沢な本は片岡義男以外、誰も書けないだろう。(中略)……これに限らず本書を読めば言及されているDVDをすべて見たくなってしまうこと請け合いである」と評されています。

『キネマ旬報』(2020年8月上旬号)

『キネマ旬報』購入はこちら≫

■関連ページ
高崎俊夫「ジャズの人、片岡義男」
『彼らを書く』(光文社/2020年5月22日)
メイキング「『彼らを書く』が、できるまで」篠原恒木
編集者・篠原恒木さんの連載企画『僕も彼らを書く』

2020年7月21日 15:23|片岡ニュース