『窓の外を見てください』装丁の鈴木千佳子さん対談記事

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

片岡義男『窓の外を見てください』(講談社)の装丁を担当された鈴木千佳子さんの対談が、フォントワークス株式会社の「もじがたり」に掲載されています。

対談のお相手は片岡作品『木曜日を左に曲がる』『真夜中のセロリの茎』や『片岡義男COMIC SHOW』の発行元・左右社の小柳学さん、そして「筑紫書体」を開発したフォントワークスの藤田重信さん。

『窓の外を見てください』のタイトルに使われている書体は「筑紫オールドゴシック」。鈴木さんはこの書体について「懐かしさとか暖かさのようなものを感じるが、現代のような昔のような雰囲気がある」と語っています。

フォントワークス株式会社「もじがたり」

フォントワークス株式会社「もじがたり」記事はこちら≫

■関連ページ
『窓の外を見てください』(講談社)
『窓の外を見てください』刊行記念トークイベント
『踏切を渡ってコロッケ』
『窓の外を見てください』最新情報
現代ビジネス:『窓の外を見てください』刊行イベント内容

2020年7月9日 10:09|片岡ニュース