「東京を撮る」新作を公開!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

東京を撮る『今日この頃だから』を公開しました。片岡義男.com だけで読めるサポータ限定公開の作品ですので、サポータ本棚よりご覧ください。

東京を撮る『今日この頃だから』
東京を撮る『今日この頃だから』

今回の東京を撮る、冒頭に登場するのはフランスを代表する総合紙製品メーカーであり、ロディアやエルバンの親会社でもあるクレールフォンティーヌ社のノートブックです。このメーカーは、チープな作りが何とも味わい深い安価なメモ帳から、高品質のノートブック、スケッチブックやクロッキー帳など、幅広く販売しているのですが、そのどれもが、本当に絵になるのです。使うつもりがなく、それでも表紙の色違いを全色購入するというのは、何も片岡義男だけのことではないでしょう。同じように、ミランの消しゴムもうっかり買ってしまう可愛いらしさ。そのモノが、どのように撮影して欲しいのかを考える日常の買い物として、この選択は至極当然のように思えます。そして最後に添えられた仙台駅の写真の立体感といったら!

サポータの方は今すぐ読めますサポータとは? ≫

2020年6月23日 07:00|電子化計画