『WHAT’s IN? tokyo』に『彼らを書く』レビュー記事

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

エンタメ&カルチャーWebメディア「WHAT’s IN? tokyo(ワッツイントーキョー)」に、片岡義男の書下ろしエッセイ『彼らを書く』のレビューが掲載されています。

「何度でも繰り返し見ることができる奇跡的なDVDを、片岡義男の書下ろしエッセイによって教えられた。」
書き手は音楽プロデューサーで作家の佐藤剛さん。
『彼らを書く』を「これまでにないユニークな音楽本」と評し、ザ・ビートルズに関する最初の章「さきにかねをもらわないと」の冒頭部分について、
「なんとも魅力的な書き出しで始まっていた。ぼくはこの導入部だけで一気に、片岡義男の世界に引き込まれてしまった」と書かれています。
そしてこの章に登場する記録映画『The First U.S. Visit』をさっそく購入し観られたとのこと。佐藤さんのTwiterでも、その時の状況が書かれています。

読者の中には、本書に登場する音楽をストリーミングで聞きながら読んでいるという方や、各章を片岡義男.comで連載中の『僕も彼らを書く』と交互に読まれている方などもいるようです。
「彼ら」(ザ・ビートルズ、ボブ・ディラン、エルヴィス・プレスリー)のファンだけでなく、音楽好きな方、映画好きの方も含め、さまざまな楽しみ方のできる『彼らを書く』、全国の書店にて好評発売中です!

記事の詳細はこちらご購入はこちら≫

■関連ページ
『彼らを書く』(光文社/2020年5月22日)
『彼らを書く』が、できるまで 篠原恒木
編集者・篠原恒木さんの連載企画『僕も彼らを書く』

2020年6月12日 10:40|片岡ニュース