『東京人』にエッセイが掲載されています

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

『東京人』2019年12月号に、片岡義男のエッセイ『万年筆とインクと紙の相性。』が掲載されています。

『東京人』2019年12月号

エッセイとともに、片岡義男がメモに使う愛用の万年筆、メモパッドなどが紹介されています。


■関連ページ
制作舞台裏|『万年筆インク紙』──“書くこと”の根幹へ
制作舞台裏|第6回|書くことの根幹へー『万年筆インク紙』|斉藤典貴(晶文社)
万年筆についての文章
万年筆で書く
二百字詰め原稿用紙八百枚

2019年11月5日 20:41|サイト更新情報