最新公開エッセイ『言葉のなかにだけいまもある「日本」をさまよう』

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2017』(2016年12月10日)に掲載されました、「文庫オールタイムベストテン」に片岡義男の書評が掲載されています。
この書評を本日、公開いたしました。

言葉のなかにだけいまもある「日本」をさまよう
『言葉のなかにだけいまもある「日本」をさまよう』

ノーベル化学賞を受賞された、吉野彰氏の原点となった本『ロウソクの科学』も紹介されています。『ロウソクの科学』は、片岡義男.comの運営会社ボイジャーより無料で公開されております。

ロウソクの科学
『ロウソクの科学』

この書評の中で、“さきほどのペリーの資料を読んだあとに『プラグマティズム』を読み、『大本営参謀の情報戦記』のあと『ペリリュー・沖縄戦記』を読むという、恐怖の読書コースを僕は勧める。”という記述があります。
みなさんも、「恐怖の読書コース」をぜひ、お試しください!

2019年10月21日 10:36|電子化計画