『AJALT 第42号』に、片岡義男のエッセイ「TVの記憶をふたつ」が掲載!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

AJALT 第42号』(公益社団法人国際日本語普及協会発行)に、片岡義男のエッセイ「TVの記憶をふたつ」が掲載されています。テレビという日常の記憶からふと二つの言語のあわいに入り込む、軽やかで硬質なエッセイです。

歌手ちあきなおみさんの歌や、『IとYou』についても触れられています。こちらのエッセイも併せてお楽しみください。

▼エッセイ
町にまだレコード店があった頃(1)
現実のしがらみと「私」

2019年6月17日 16:02|片岡ニュース