エッセイ新シリーズ「アメリカを知っているのか?」7月より開始!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ご愛読いただいたエッセイシリーズ「片岡義男の書評」は6月18日(月)にて終了いたしました。みなさまお楽しみいただけましたでしょうか? しばらくお休みを頂いたのち、7月からは新シリーズ「アメリカを知っているのか?」がスタートします。

「アメリカを知っているのか?」と聞かれてどんなことを想像するでしょうか。自由の国アメリカ、メジャーリーグ、銃社会、はたまた戦争…? 様々な見方があるでしょう。では、片岡義男はどのような視点でアメリカを覗くのか? 彼は言語、つまり、英語を知ることがアメリカを知ることにつながるのではないかと考えます。“母国語によって人は規定され、社会は言葉によって成立する” この視点でアメリカを見つめ直すというのは、きっと新鮮な体験になるはずです。

つい先日行われた米朝首脳会談。いまだ続く沖縄米軍基地問題。そして8月には今年も終戦記念日がやってきます。アメリカという遠くて近い国が一体何であるのか、一緒に考えてみませんか?

本シリーズは『日本語の外へ』に収録されたエッセイから27編をピックアップしたものです。およそ20年前に書かれた論考とは思えない語りにきっと驚くことでしょう。シリーズ公開日は追ってお知らせいたします。どうぞお楽しみに!

■公開予定のエッセイ(一部抜粋)

・個人主義にもとづく自由と民主の視点
・ちょっと外出してピストルを買って来る
・大統領の得点
・キノコ雲の切手
・町を囲んだ黄色いリボン

2018年6月20日 00:00|サイト更新情報