972編公開中。 今を映す手鏡のように
bbp の一覧
2020.4.15
エルヴィスから始まった
縦書き
『エルヴィスから始まった』(『ぼくはプレスリーが大好き』改題)を電子書籍として無償公開しています。縦書き版で全文お読みいただけます。 目次 — 1 ミシシッピー州東テュペロ 2 心が爆発する 3 トータルな体…
2020.4.15
1957年のラブ・ミー・テンダー
縦書き
 下北沢のあの映画館の名称をついに思い出した。下北沢映画劇場だ。かつての下北沢駅の北口を出て道幅の狭い商店街に入り、最初の十文字を左へ曲がるとすぐ左側に、その映画館はあった。この映画館がここにあった頃の下北沢には、映画館…
2020.4.8
『タランチュラ』あとがき
縦書き
 ボブ・ディランの『タランチュラ』は、難解である、とよく言われているが、けっしてそのようなことはない、という点についてのみ、すこし書いておこう。  知的な好奇心に多少とも燃えていて、普通程度あるいはそれよりすこしはましな…
2020.4.8
幸せと才能の関係の物語
縦書き
「ハリーだってよ」  と自分が言ったのを、いまでも僕は覚えている。レコード店のなかで友人に言ったのだ。『トロピカル・ダンディー』の細野晴臣さんは、ハリー・ホソノだった。ここでは片仮名で書くけれど、たとえばそのLPのジャケ…
2020.4.8
What’s he got to say?
縦書き
 No Direction Homeは二〇〇五年にマーティン・スコセッシのコピーライトになっているドキュメンタリー映画だ。日本語の題名はないようだ。たとえば「帰路無道標」と表記して、音声では「ノー・ディレクション・ホーム…
2017.6.28
ふたりは一九六六年を思い出す
縦書き
 ビートルズが日本に来たとき、ぼくはいわゆる「社会人」となって仕事をしていた。フリーランスのライターとして、いろんな雑誌に文章を書くのが仕事だった。親しく仕事をしていたある雑誌の編集員から、ビートルズの記者会見にいかない…
2015.12.12
ザ・ビートルズから届いた
縦書き
 ここにあるこのビートルズの写真には、4人のサインがしてある。彼らに詳しい人の鑑定によると、このサインは本物だということだ。一枚の写真に4人がサインするには、そのとき4人はひとつの場所にいなければならない。あるいは、4人…
2015.12.8
イマジン、のひと言につきた
縦書き
 ジョン・レノンの名前を見たり聞いたり、あるいは彼についてふとなにかを思ったりするとき、僕はまっ先に頭に思い浮かべるのは、一点の絵だ。ジョンがまだリヴァプールでアート・スクールの学生だった頃、同級の女性がジョンの肖像画を…