981編公開中。 今を映す手鏡のように
食べる の一覧
1 2
2020.9.11
御八つ、お三時、三時ですよ
縦書き
 こうしてスパゲッティ・ナポリタンを初めて体験してからの僕が、なにかと言えば店でナポリタンを食べる子供になったかというと、そんなことはなかった。ナポリタンを作ってくれるよう、母親に頼む子供にもならなかった。なぜなら、この…
2020.9.9
なんでも好きなものを食べたまえ
縦書き
 僕にとっての日本はオキュパイド・ジャパン、つまり占領下の日本だった。一九四五年夏の敗戦からそれは始まり、歴史年表の上では一九五一年九月、サンフランシスコ講和会議で対日講和条約が調印されたときまで、続いた。赤子そして幼子…
2020.9.4
かあちゃん、腹へったよう
縦書き
 日本におけるケチャップの運命をたどるとき、立ち寄らずにすませることのできないもののひとつは、チキンライスだ。ごく普通の家庭でのチキンライスについて、考えてみたい。  食事の時間ではないときに、「かあちゃん、腹へったよう…
2020.9.2
小麦をどう食べるか
縦書き
 パスタは、小麦をどう食べるかという、人類にほぼ共通の普遍的な課題への、ひとまずの回答だ。小麦を栽培することを知ってからその小麦を粉にするまで、古代エジプトでは二百年ほどかかっていたことを、僕はどこかで読んでかなり驚いた…
2018.6.11
食事も酒も論理でつながれている
縦書き
〈書評〉石田千著『箸もてば』  題名の『箸もてば』とは、自分で作った食事を、さあ、食べるぞという瞬間、あるいは、いま食べているさなかのことだ。食事という論理の筋道の、ちょうど中間だ。  物事には順番がある。順番とは、言う…
2017.6.11
思い出のバブル・ガム
縦書き
 アメリカの駄菓子の記憶としていまも僕のなかでもっとも鮮明なのは、リコリスの味と香りだ。リコリスは甘草(かんぞう)と日本語では呼ばれている。ルート・ビアをひと口飲んだとき、うへっ、薬臭い、と顔をしかめる人が日本には多いが…
2016.9.12
電車の中で食べました
 都内ターミナル駅の広くて複雑なコンコース。多数の人がいろんな方向へ常にいきかう平日の午後、人どおりがもっとも多い時間。二十代後半、会社勤めのスーツ姿の女性が足もとに鞄を置き四角い大きな柱にもたれてちくわを食べているのを…
2016.9.6
僕はチェリーを忘れてた
縦書き
 東京でいちばんおいしいピッツアの店、と僕がいつも言っているピッツアの店で、何とおりかの前菜のあと、直径三十センチのピッツアを四人がかりで四枚、たいらげた。デザートにはエスプレッソ、そしてアイスクリームにチェリー・シロッ…
2016.6.18
海苔を巻いたおにぎりの謎
縦書き
 つい先日、残暑が続く平日の午後、いつもの私鉄の電車に乗って、僕は新宿に向かった。空いている席があったので僕はそこにすわった。電車のなかで僕は本を読んだりしない。その反対の居眠りもしない。いっぽうの極に読書があり、もうい…
2016.5.9
アイスクリームには謎がある
 アイスクリームについて思うと、その思いは過去へと向かっていく。僕がまだ充分に幼くて可愛い坊やだった頃、僕はいちばん最初のアイスクリームを食べたはずで、それについての記憶はいまも残っている。幼い体の口腔感覚がとらえた、ア…
1 2