884編公開中。 今を映す手鏡のように
音楽 の一覧
1 2 3 4 5
2017.8.23
あなたの家の赤い屋根
縦書き
 一般常識のテストで正解を取るのは、ひとつに固定された理解のしかたを、自分もまたなぞることだ。ほんとうはなにも知らない人にとっての、そう教えられたからそう答えておくという種類の、まったく形式上の出来事だ。そしてその形式の…
2017.8.22
純情だったあの頃のリンゴ
縦書き
 戦後、というと「リンゴの唄」だ。昔の日本人の心のなかで、両者は一本の線で結ばれている。心のなかと言うよりも、いわゆる一般常識のなかでは、と言ったほうが正確かもしれない。「敗戦後のなんにもない虚脱状態の日本人たちの胸に、…
2017.8.19
去りにし夢、しのぶ面影
縦書き
〈江利チエミのメモリアル・シリーズ〉というCDが、僕の知るかぎりでは九枚ある。そのなかの『艶歌を歌う』と、ついでに『ラテン、ポップスを歌う』の二枚を、ある日の午後、銀座で僕は買ってみた。江利チエミという名前は、僕だってよ…
2017.8.10
スヌーピーはハウンド・ドッグだった
縦書き
『これがアメリカだよ、チャーリー・ブラウン』という、全八巻のヴィデオ・シリーズがある。チャーリー・ブラウン、ルーシー、スヌーピー、シュローダーなど、『ピーナツ』の主人公たちが登場する、アニメーションによるエンタテインメン…
2017.7.23
渡り鳥と寿司について
縦書き
 一九六一年には大学の三年生だった僕は、その年の夏を房総半島の館山で過ごした。なぜ館山だったのか、いまとなってはなにひとつわからない。当時の僕は房総半島に関しては完全に無知だったはずだ。学校の友人に教えてもらったのかもし…
2017.7.21
虚ろな内側をよく見ておきなさい
縦書き
 ジュリー・ロンドンが歌う「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」の歌い出しは、三とおりのマイナー・コードのなかを下降して上昇しそこからふたたび下降するメロディによる、四分の三拍子の四小節だ。そしてそのなかで、Fly me t…
2017.6.24
波止場通りを左に曲がる
縦書き
 デビューしてまだ間もない頃の美空ひばりを、何点もの写真で見ることができる。多くの写真に彼女は撮られ、それはさまざまな刊行物のなかに複製されている。そのような写真を数多く見ていくと、やがてはっきりわかってくることがひとつ…
2017.1.28
西ヴァージニア州シェナンドア河
 『ウインドソング』という題名のLPのジャケットに、ジョン・デンヴァーは次のようなみじかい言葉をよせている。 Windsong,John Denver,1975[BMG Special Products] 「友だちのみな…
2016.9.8
歌になにができたか?|エルヴィスから始まった
8 1960―1970 アメリカ 〈2〉 歌になにができたか?  ルイジアナ刑務所から一九四〇年に出所してきたレッドベリは『グッドナイト、アイリーン』をレコードにした。一〇年後に、ザ・ウィーバーズが、おなじ歌でヒット・レ…
2016.8.18
白人にブルースがうたえるか?|エルヴィスから始まった
5 ブルース 〈4〉 白人にブルースがうたえるか?  プロフェッショナルな歌手によってうたわれるブルースがレコードをとおして娯楽のひとつになり、また、劇場で人々に聞・か・せ・る・ものになったのは、一九二〇年代がはじまる前…
1 2 3 4 5